バナー

血糖値を下げるには糖質制限がオススメ

血糖値を下げるには、食生活を見直すことが重要です。

下げるための運動としては、有酸素運動が糖分をエネルギーに変えて消費するのでおすすめです。

しかし、食事からの糖質摂取量が多いままでは、運動だけでは血糖値改善は難しいです。
食事のポイントは、炭水化物を少なめに食べることです。

マイナビニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

いわゆる糖質制限食を心がけるということです。

丼飯、おにぎり、菓子パン、などの炭水化物単品は、最も血糖値が上がりやすいです。


また、炭水化物ばかりの食事では糖質過剰になってしまいます。



糖質ではなく、タンパク質や脂質からエネルギーを摂取するようにすれば、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

また、急上昇が起こらなくなれば食後の低血糖も防ぐことができます。下げるためには、糖質摂取量は1日60gに抑えるのが理想です。昼だけ主食を食べるようにするか、朝と昼だけ主食を食べるなど工夫して炭水化物の摂取量を減らしましょう。

どんなに頑張っても食材から微量の糖質は入ってしまいますから、3食主食抜きでも良いです。

1食だけ主食を食べるのを昼に選ぶ理由は、昼は比較的動く時間帯ですし、外食の人も多いでしょうからメニューの制限をなくするためです。



3食徹底して糖質抜きにしたいならば、単品料理で頼めるお店を見つけておくか、コンビニで単品のおかずを買う、自炊で糖質抜きのお弁当を作る、などしてみると良いでしょう。

脂肪から糖は再合成されるので、脳がブドウ糖不足になる心配はありません。