バナー

血糖値の改善には生活習慣を

血糖値を改善して下げる方法には運動と食事が大切なことになります。

血糖値が高くなり糖尿病になるのを防ぐためには生活の中にあまりハードなものではない適度な運動を取り入れることが必要です。
そして、運動をする時も食事の後に上がっている血糖値を改善して下げようとしての食後直ぐの運動は避けなければなりません。



食事をした後には心臓にいく血液が減ることで体に負担がかかってしまうからです。


運動をする時には食事の後、30分~60分は間をおいてから始めるようにします。その運動を始める時にはまず、水分を補給をしてから行います。


水分補給をしないまま運動をすると血液が上手く流れないようになり、心筋梗塞などのリスクがあります。血糖値の改善を求める運動はジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動がおすすめです。
脂肪が燃焼されるのに加えて血中の糖分がエネルギーに変わり、値を下げるようになります。

膝や腰が痛くてそれらをすることが無理な場合にはエアロバイクや水中歩行などが良いです。

知って納得のAll About関連情報を解説します。

水の中では浮力があり、足や腰への負担が減り、水の抵抗があるので運動量は充分なものとなります。

そして、食べ物も選んで食べるように心がけることが改善へと繋がっていきます。

主食となる炭水化物を摂る時に血糖値が上がりにくい玄米や全粒粉、とうもろこし、雑穀などを取り入れたものが良いです。



食物繊維が豊富なものを摂取することも急激な血糖の上昇を抑えてくれます。


値が高いままにいると動脈硬化が進行しやすいことにもなり、生活習慣を見直すことが大切です。