バナー

血糖値を保つために食事において心がけたいこと

血糖値とは、血中に溶け込んでいるブドウ糖濃度のことです。
ブドウ糖は体を動かすエネルギー源となる栄養で、食べ物に含まれる糖分が消化されることで発生します。
ご飯やパンなどの食事を摂取して、その中の糖分が材料となることで、ブドウ糖は体の中で作られると言うわけです。
そして血糖値は、すい臓から分泌されるインスリンと言うホルモンによって、その濃度が一定に保たれています。


血糖値が高い状態が続くと、体に対しては様々な悪影響が出てきてしまいます。

ですから、個人においては特に食事に配慮することで、血糖値を一定に保つよう努力することが求められます。

たとえば食事の最初に、糖分の多い食事を摂取すると、あっと言う間に血液中は糖分で満ちてしまいます。


するとそれを下げるために、インスリンは多く分泌されるようになり、すい臓にも大きな負担がかかるようになります。

それが継続されると、やがてはインスリンの分泌量が低下してしまう恐れもあります。

よってまずは、糖分が少ない食事から摂取することが求められます。
特に食物繊維には、余分な糖分を包み込んで体への吸収を妨げる作用がありますから、野菜を摂取するのが望ましいです。

ただしイモ類やかぼちゃなどは糖分が多いので、この場合は後回しにする必要があります。



それから清涼飲料水やスナック菓子、チョコレートなどには、目では見えないだけで非常に多くの糖分が含まれています。



これらを摂取するのがたまにであれば問題はありませんが、頻繁に摂取している場合は、やはりその習慣を改めた方が安心です。

あなたにオススメの朝日新聞デジタルはこちらのサイトで情報公開中です。

最近では、こうした食品でも血糖値に配慮した製品が多く販売されていますから、それらを上手に活用するのもひとつの方法です。